「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

CONSCIOUS JAPAN

「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

婚活サポート

お世話好きおばちゃん

  • 投稿日:2015年11月26日

マリッジコンサルタントやコーディネーターとして横文字で呼ばれている

結婚相談所のわたしたちのお仕事ですが、昔は近所に世話好きなおばちゃんがいて、

ご縁を結ぶ役割をしていたようです。

 

 

昔は近所の世話好きなおばちゃんが「そろそろ結婚しなくちゃー」と

世話を焼いてくれて、釣書とお見合い写真を親に持ってきました。

気に入ったらお見合いをお願いし、気に入らなければ、お菓子折りをつけて

釣書をお返ししたそうです。

顔の広いおばちゃんは自分が預かっている釣書を小出しにして紹介し、

一度には見せてくれないし、あまり断っているとお世話してもらえなくなるから、

子供にお見合いを強要することもあったようです。

昔のお見合いは家同士のM&A要素も強かったといいます。

 

それに比べてたら、現代は楽ちんで簡単になりました。

ウェブで全国(海外も)にいる結婚したい人を探すことができるし、

近所のおばちゃんへの義理立ても遠慮も要りません。

 

しかし・・・その効率の良さも反面、近所のおばさんと親によるプレッシャーがない分、

自分の人生は自分次第、自己責任という自由さ、責任もついてくるのです。

 

わたしが若いころの適齢期は24歳がピークでした。

ごくまれに近所からお見合い写真が届いたことがありましたが、

わたしの性格を見抜いていた母に「あなたは自分で決めたことしか納得できない性格だ。

自分の人生だから結婚相手は自分で見つけてきなさい。」と言われました。

他のことはすべて過保護だったのに、結婚に関しては『自己責任』と言われたのです。

 

しかしながら24歳の結婚適齢期を過ぎても、結婚に対してピンとくることがなく、

“売れ残り街道”まっしぐらな予感でした。

そんなとき、会社がお休みの土日に(副業禁止なのに・・・)近所のフルーツショップで

アルバイトしていた時、パートのおばさんが「あなた、なぜ結婚しないの?」

しつこく聞いてきます。「誰か紹介しようか?」と迫ります。

24歳を過ぎて独身だと肩身が狭い時代でした。

 

でも、ある時ふと思いました。

「なぜあのおばちゃんはしつこく結婚のことを言うんだろう?」

よく考えてみると、おばちゃんが意地悪で言ってると思えない。

じゃあなぜ?

わたしはハッと気が付きました。

「わたしの将来を親身になって心配してくれているんだ!」

24歳過ぎて独身のわたしは、この先どう生きていくのだろう?

初めて自分の人生と真剣に向かい合った瞬間でした。

いまさら・・・・!?

と思うかもしれませんが、それまでなんとなく流れるままに生きていたのです。

 

「この先、何かしたいことはあるのだろうか?」

焦って考えても長いこと思考停止していた頭では、何も考えられません。

このまま一生独りで生きていく自信もないし、子供も欲しい。

( ゚д゚)ハッ!

それなら結婚しなくちゃ!

 

急にそう思い、「次にご縁があり付き合う人とは真剣に結婚を考えよう。」

 

そう決意した後、26歳でダンナさんと出会い、付き合うときに

「結婚を考えているから」と先に宣言。

しかしそれから2年間の交際期間を経て、28歳で結婚 当時ではかなりの晩婚でした。

 

それでもおばちゃんのおかげで、結婚に目が向き、良いご縁に恵まれ、

幸せになれたことを感謝しています。

 

最近では核家族化どころか、親戚や家族でもコミュニケーションが希薄です。

そんなおせっかいを焼いてくれる人はいないですよね。

 

ところが最近でもいらっしゃるんです。生息を確認しました。

おばちゃんというにはとて可愛らしい外見と性格のTさん!

20代の若い子には「子供を産む適齢期」のこと、

40代、50代の独身者や離婚経験者には「新たな人生の幸せ」について

熱く語るのです。

Tさん自身も離婚経験者で、自ら幸せになりたいと願い、今のダンナ様と

出逢い、再婚されすごく幸せそうです。

これまでの人生ではいろんなご苦労や経験を積まれていらっしゃるので、

彼女のお話には説得力があります。

 

そんな彼女の思いはとにかく“幸せ”になること。

 

その人生の目標に対してブレない姿勢が素敵で、時にいろんなものを

断捨離したり、武士のようにいさぎ良い女性です。

そんな彼女は周りの方からの人望が厚く、多くの女性から慕われていて、

最近、まわりの方をご紹介していただくことがありました。

その時、彼女が本当にお友達を心配してご紹介してくださるんだなあと

いう熱い思いが伝わり、胸が熱くなりました。

 

Tさんのようにおせっかいを焼いてくれる女性は本当に貴重で

有り難い存在です。

もし周りにそんな人がいたら、『あなたは愛されている』ことに

気がついてくださいね。

 

わたしもTさんとともにおせっかいなお世話おばさんとして、

いろん人の幸せや少子化に貢献していきます。

 

婚活・結婚のご相談は気軽にお問い合わせください。

相談は無料です。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

IMG_8425

みどりん

09042699201

 

ご相談はこちらから 無料個別相談のお申し込みはコチラから

受付時間 9:00 - 21:00 (年中無休)※電話でのお問い合わせの場合、出られない場合もございます。

ページ上部へ戻る