「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

CONSCIOUS JAPAN

「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

婚活サポート

ゲスな話ですが、不倫している友達のこと。

  • 投稿日:2016年09月02日

ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所

コンシャス・ジャパン

マリッジコンサルタントの鳥山みどりです。

 

今年の前半、芸能ニュースを賑わせていたのが、

芸能人の不倫の話。

ただただ・・・ゲスな話題ではありますが、

恋愛話では避けては通れない話なので、今回はこの話をします。

不倫の話は芸能人に限ったことではなく、

携帯電話などが一人一台となった昨今では、かなり増えているようです。

 

思えば、周りの友達にもいませんか?

 

最近、知り合いから「大切な友達の不倫をやめさせたい。」

という相談を受けました。

 

「周りがやめさせようと思っても、不可能でしょう。」

と答えました。

こういうことは周りが反対すればするほど、燃え上がるものですから。

 

実際、わたしが20代の頃、わたしの高校の親友に不倫の噂が立ったことがありました。

親友は反対されると思って、わたしには絶対話さなかったのですが、

周りの友人から「あの二人、最近よく見かけるよ」「なんとかしなきゃ!」

というような話をよく聞くようになり、少し心配になりました。

 

そこでわたしがとった行動は・・・。

噂のお相手の男性を少し知っていたので、彼と二人で会いました。

そして思い切って、

『彼女の人生を本当に大切に思うなら、別れてあげて。』

とお願いしました。

 

そうしたら、彼の反応は意外なものでした。

『正直、僕の家庭は上手くいっていない。

 僕は奥さんと離婚して彼女と結婚しようと思っている。』

 

その言葉に、わたしも納得しました。

 

その後、奥さんが親友の家に乗り込んできて修羅場を迎えましたが、

親友の両親が彼女を守ってくれたそうです。

そして彼は奥さんと3人との子供とお別れをし、

いまでは親友との間にまた3人の子供をもうけましたが、最近は親友から、

略奪したはずのダンナさんの愚痴しか聞きませんが・・・(;^ω^)苦笑

 

このように男性に覚悟がある場合は別として、

だいたいの男性は、不倫に“非日常のロマンチックなファンタジー”を求めています。

 

“ファンタジー”ですよ・・・(´◉◞౪◟◉)!!

女性は“いつかは結婚してくれる”という『現実』を求めとるんじゃ!ワレ!

ふざけんな・・・です。

 

結婚生活では奥さんにだらしない姿や、ダメなところを見せているけれど、

彼女といるときは、カッコイイ自分でいたい。

安らぎ、楽しさだけを求めています。

いわゆる“恋愛ごっこ”を楽しみたいのです。

 

 

 

既婚者は精神的に余裕があるし、

結婚する前は未完成の男だったのが、結婚してから、

仕事や嫁に磨かれ、いい男に仕上がっている。

 

そして、不倫相手の女性にファンタジーを求め、ただ優しく接するのだから、

不倫相手の女性はチヤホヤされ、勘違いしてしまいがち。

そのうえ、男を見る目が急激に超えてしまいます。

一度上がってしまった男を見る目は、簡単には下がりません。

 

『わたしはいい男に大切に扱われる女』

 

そんな風に勘違いしたまま、年齢があがり、

世間ではチヤホヤされない年齢になってから、不倫相手と別れ、

いざ婚活をはじめたら、独身の結婚していない男性は、

気が利かない人が多いので、それは物足りなく感じでしまう。

 

 

 

そして結婚てきない。

おひとりさまの老後が待っている。

 

そして気がつくのは、不倫相手にとって、

自分は“都合がいい女”だった。

こんなパターンがほとんどです。

 

「わたしの貴重な時間を返せ~!」と叫んでも

決して戻ってくることはありません。

女性にとって一番のリソースである大切な時間。

ゲスな不倫は、貴女の大切な人生の大きな機会損失でしかありません。

絶対にやめましょう。

 

未完成でも不器用でも、誠実な男性と一緒に新しい家庭を

築くのは楽しいですよ。

いい男を作るのは、素敵な貴女の役割です。

 

 

 

婚活・結婚のご相談はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

IMG_8425

みどりん

090-4269-9201

ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所

コンシャス・ジャパンMとは

ご相談はこちらから 無料個別相談のお申し込みはコチラから

受付時間 9:00 - 21:00 (年中無休)※電話でのお問い合わせの場合、出られない場合もございます。

ページ上部へ戻る