「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

CONSCIOUS JAPAN

「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

婚活サポート

トイレットペーパーが切れたその時に・・・夫婦の危機がわかる。

  • 投稿日:2018年06月30日

ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所

コンシャス・ジャパン

マリッジコンサルタント 鳥山みどりです。

 

家族と暮らしていて、トイレに入った時、

トイレットペーパーホルダーに

トイレットペーパーの芯しか残っていなかった・・・!!

 

わっ!!芯しかないやん!!

 

そういう経験ありませんか?

 

 

 

誰にだってありますよね~。

 

公共の場なら、「あぁ~ついてないなー」と思いながら、

予備のペーパーと入れ替えると思いますが、

家族の場合は、どんな気持ちになるでしょうか?

一度、想像してみてくださいね。

 

しかも・・・

このシュチュエーションは一度だけではなく、何度もある。

 

あ~!!まただ。

なぜ、わたしばかりが取り替えなくてはいけないの?

 

そんな風に思ったことありませんか?

 

そして次に、家族に対してこんな感情がわき出てくる。

 

少しは気を遣ってよ。

 

なくなったら、補充することが当たり前でしょ。

 

これ、思い当たりませんか。

 

そんなとき、家族に対してどんな風に言うのか・・・。

家族との関係性に左右されるのではないでしょうか。

 

以前、友人のお家に遊びに行ったとき、

同じシュチュエーションがあり、

その時、友人は友達が来ているのにも関わらず、

ものすごい剣幕で、ダンナさんに怒鳴っていました。

 

トイレットペーパーがなくなったら、入れ替えるのが当たり前でしょ!!

 

そのすごい剣幕にその場にいた友人一同、びっくり!!

 

彼女の立場となれば、“いつも言っているのに~!!

ということなんだろう。

と思っていましたが、その後、その夫婦は離婚をしました。

 

あとで思ったのは、そのときすでに、

2人の間には少しずつ大きな溝ができていたのかもしれません。

もしかしたら、新婚の時は許せたことが、

時が経ち、二人の間に溝ができてきたら、

こんな小さなこともカンに触る出来事になったのでしょう。

 

ふと、自分の家庭を思い浮かべると、

わが家はいつもわたしがトイレットペーパーを変えています。

トイレに入って初めから切れていることも多いけれど、

全く腹が立たない。

こんなことくらいわたしがやろう。と思う。

ほったらかしすら、パートナーのことをかわいいな。と思う。

そればなぜなのか。

きっと、これ以外に、わたしのほうが気がつかないことや、

気が利かないことが多いけれど、

そんな時は、ダンナさんはいつも黙ってやってくれている。

パートナーのほうがたくさん我慢してくれているから。

 

人間関係の小さなひずみはそこから生まれることが多い。

 

わたしばかりやっている。

わたしばかり我慢している。

 

これが積み重なると、言わなくても態度にイライラが現れくる。

表情や、発言の端々に現れてくる。

そして相手に嫌な感情が伝わり、家庭の雰囲気が悪くなる。

 

夫婦が長年連れ添ったとき、

小さなことが許せるのか・・・許せないのか・・・

 

婚活中は、条件重視でお相手を選ぶけれど、

最後はやっぱり人間性が大切だと思います。

 

お相手選びで悩んだら・・・。

 

いちどご相談くださいね。

 

<こころの婚活サポート♡結婚の学校 体験会詳細>

 

 

こんな方が参加しています。

◇恋愛がいつもうまくいかない。

◇お見合いが上手くいかない。

◇婚活疲れしている。

◇このままでは結婚できるか不安。

◇婚活・恋愛が上手くいかず悩んでいる。

◇一度も恋愛経験がない。

◇自分に自信がない。

詳細はこちらです。
こころの婚活サポート♡結婚の学校 体験会

男性はこちらからお問い合わせください。

 

体験会は1回 3000円でご参加いただけます。

体験会に申し込む

婚活のご相談は無料です。お気軽にご相談くださいね。
こちらからどうぞ。

婚活・結婚のご相談はお気軽にお問い合わせください。(無料)

お問い合わせ

 

みどりん

090-4269-9201

ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所

コンシャス・ジャパン

ご相談はこちらから 無料個別相談のお申し込みはコチラから

受付時間 9:00 - 21:00 (年中無休)※電話でのお問い合わせの場合、出られない場合もございます。

ページ上部へ戻る