「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

CONSCIOUS JAPAN

「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

ビジネス

国も学校も本当のことは教えてくれない。

  • 投稿日:2014年07月29日

先週末は午前中に「金融機関にカモにされない投資術」という講座をリアルで聴講しました。

講師は現在通信で受講中の「資産形成力養成講座」の講師の方で、

NISA導入時の会議に呼ばれたというすごい人、もちろん金融機関や国、どこにも

所属されていないので、フラットで適正なお話を聞けました。

その会議では某大手金融機関の方が「高齢者が貯蓄している多額のお金を投資マネーにシフトする」

といっていたけど、その話の内容はまるで新手の「振り込め詐欺」か!というお粗末なものだったそうです。

そして巷に多いFP(ファイナルシャルプランナー)の試験の内容についても、間違った内容のまま

テキストが作られ、それで資格試験の勉強を続けているので、その先生は「間違っているから治せ」と

ずっと言い続けているのに、相変わらず訂正されていない。

そんな間違った教育を受けたFPに私達はアドバイスを受けるワケです。

 

そして、その日の午後、自らもアメリカ留学経験をお持ちで、ダンナ様がアメリカ人という女性

服部紀子先生の「英語を諦めた人のための英会話教室」の体験講座に出席しました。

海外旅行が好きで、近い将来は海外生活を考えている私としては英語は必須と思いながら、

地元の英語サークルにゆるゆると通っていました。しかしなかなか上達しないのが悩みでした。

紀子先生の教室では基本の挨拶について学びましたが、ここでもビックリ!

中学で習った基本的な挨拶が当たり前と思っていましたが、

「実際にはそんな挨拶する人はいません」とのこと・・・。

じゃあどんな挨拶が普通なのか を教えていただき、実際に練習をしました。

これで明日外人さんに話しかけられても恥かしくありません!

紀子先生に「学校では間違っていること、使えない英語を教えているんですか?」と質問すると

「その通り!!」という答えでした。

まさに アンビリバボー!!(@_@;)です。

朝は国や金融機関が信用できないことにショックを受け、午後は学校教育も信じられないという事実を知り、

驚きの一日でした。

ではどうしたらいいの?

金融機関に手数料をたくさん支払い、グローバル社会と言いながら、世界で通用しない英語で恥をかき、

ひたらすらタンス預金して国内に引きこもるしかないわぁー ってことでしょうか。

いえいえ、違います。

これだけ情報を簡単に得られる世の中、正しい情報を自分で調べればいいのです。

そのためには確かな人脈とつながること。これが一番正しいのではないかと思います。

それも自分のまわりには同じレベルの人しか集まってきません。

確かな人と出会う場所を選定することも大切となります。

インターネットの情報はビンキリ、親切によってくる人もピンキリ。

自分で勉強してピンなのかキリなのか見分ける力をつけることも一つです。

熱意をもって勉強し、『知識』という武器を手に入れたいですね。

みどりん

 

 

 

 

ご相談はこちらから 無料個別相談のお申し込みはコチラから

受付時間 9:00 - 21:00 (年中無休)※電話でのお問い合わせの場合、出られない場合もございます。

ページ上部へ戻る

LINE@はじめました

無料個別相談はこちら052-887-4725