「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

CONSCIOUS JAPAN

「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

婚活サポート

婚活市場で売れ残る“プライドチキン”女子とは。

  • 投稿日:2016年08月02日

ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所

コンシャス・ジャパン

マリッジコンサルタントの鳥山みどりです。

 

「独身でいいオトコってなかなかいないよね~」

「独身女性はいいオンナが多いのにね~」

 

こんな話をしているアラフォー女子。

よく見かけませんか?

ちょっぴり上から目線のそのセリフ。

彼女たちの多くは“プライドチキン”と言われる人かもしれません。

フライドチキンとは違いますよぉ~!

 

“プライドチキン”

 

年齢やキャリアを重ねることで生まれる“プライド”が邪魔をして、

結婚願望はあるものの恋愛に“チキン(臆病)”な人。

 

 

 

バリバリ働き、貯蓄があり、自分磨きに熱心なアラフォー女性に

多いそうだが、実は30代前半の女性にも多いようだ。

 

婚活市場で彼女たちはどんな状況かといえば、

仕事や自分磨きを頑張り、趣味を楽しんできた彼女達。

自分への評価(プライド)がかなり高いため「今さら安売りしたくない」

とお相手への条件はかなり厳しい。

その反面、『傷つくのが怖い』

自分が思う相手に断られる精神的ダメージが怖くて、なかなか一歩が踏み出せない。

異性の前で、素の自分をさらけ出せない。

婚活市場で自分の市場価値が明らかになることも恐れていて、

上手くいかないと、すぐに「相手が悪い」と相手のせいにして、

自分が傷つかないように、逃げる。

 

 

 

 

仕事ができる人が多いので、職場での評判はかなり良いのでは?

と思いますが、実は、職場での評価もイマイチだったりします。

 

・仕事はできるけれど、間違いを指摘すると過剰反応し、つっかかり、

 素直に認めない。

・責任感は強いが、自尊心が高く、周りとの協調性にかける。

・完璧主義で自意識過剰なところがあり、扱いづらい。

 

 

 

 

『自意識過剰で扱いづらい』人。

という厳しい評価が多いようです。

 

 

かなり厳しいことを書きましたが、

『過去の実績やキャリア』の“プライド”という衣を思い切って、

脱ぎ捨て、婚活市場における市場価値を素直に認め、

傷つくことを恐れず、一歩踏み出してみましょう。

 

男性が結婚相手に求めているものは、仕事ができることではなく、

『素直で、優しくて、癒してくれる』

そんな可愛い女性なんですから。

 

 

 

そして自らが“ブラインドチキン”だったであろうこの言葉を産みだした女医の友利先生は

一般男性とゴールインしました。

 

あなたもきっと大丈夫。

 

『幸せになる勇気』を持とうよ。

 

 

 

婚活・結婚のご相談はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

IMG_8425

みどりん

090-4269-9201

ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所

コンシャス・ジャパンMとは

ご相談はこちらから 無料個別相談のお申し込みはコチラから

受付時間 9:00 - 21:00 (年中無休)※電話でのお問い合わせの場合、出られない場合もございます。

ページ上部へ戻る