「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

CONSCIOUS JAPAN

「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

婚活サポート

婚活男子はお料理好きな女性が好き?!

  • 投稿日:2016年02月03日

婚活男性に結婚相手の条件をお伺いするとかなりの確率で、

「お料理が好きな女性」という答えが帰ってきます。

 

「仕事から帰ったら、美味しい料理を作って待っていてくれたらうれしいな~」

とうれしそうな笑顔でおっしゃる男性は多いですね。

 

yjimageEP122M4F

 

そんな男性心理を知っているから、女性会員様のプロフィールに

「休日にはお料理をします。」とわざと書くこともあります。

実際はそんなにしなくても・・・(;^ω^)

 

男性が「お料理は全くしないんですよ。ほとんどがコンビニとか外食です。」

と言っても誰も何も思わないのに、女性が同じように言うと

「え~!!」って思われてしまうことありませんか?

 

実際には周りでバリバリ働くキャリア女性は、食事が「コンビニ」や「外食」が

ほとんどという現実をお聞きします。

「わたしの体はコンビニで出来ている」とおっしゃっている経営者女性も

いらっしゃいます。

料理に興味もないし、料理をする時間もないという方も多い。

本音をいえば、女性だって帰ったら美味しいお料理が待っていたらうれしいですよね。

その代わりに男性以上に稼ぐ女性の比率が増えてきたことを、

婚活の仕事を通じてリアルに感じます。

 

 

 

男女雇用機会均等法制定から30年経ち、女性も男性と同様に社会で働くことが当たり前の

現代において、いまだに日本では「料理は女の仕事」と言う意識が根強いことは不自然はないでしょうか?

 

こういう社会の変化をわたしたちコーディネーターは常に感じ取り、自らの意識を変えていくことが

必要ではないかと感じています。

時代にあった結婚の形を推奨していかないと、結婚という大きな人生の変化への適切なアドバイスが

出来ないどころか、大きく言えば本当の意味での少子化対策にならない。

 

img_08b315fa51d46dfc1f99367f974901ea76298

 

出生率が高い国ではこれほど育児休業制度の利用率の違いがあります。

 

これからは年収が高い女性お料理が得意な男性というカップルが

結婚相談所で多く出てくると面白いですよね。

 

 

 

 

わたしのブログでも家事メンを推奨する記事を書いています。

のぞいてみてくださいね。

 

家事MENは少子化対策&L家事MENは少子化対策&離婚率を下げる。

次世代の結婚の在り方。

 

昭和の仲人おばちゃんはさておき、わたしたちコーディネータは社会の変化に合わせて、

意識改革をしていかなくてはいけない重要な役割かもしれません。

 

婚活・結婚の相談はお気軽にお問い合わせくださいね。

 

IMG_8425

みどりん

090-4269-9201

ご相談はこちらから 無料個別相談のお申し込みはコチラから

受付時間 9:00 - 21:00 (年中無休)※電話でのお問い合わせの場合、出られない場合もございます。

ページ上部へ戻る