「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

CONSCIOUS JAPAN

「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

セミナー

幸せになりたい。家族になりたい。いつしか固くなってしまった心を開放し素直になればありのままの自分に出会える。

  • 投稿日:2018年05月22日

ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所

コンシャス・ジャパン

マリッジコンサルタント 鳥山みどりです。

 

先週の日曜日は、午前中は「結婚の学校」女子校 体験スクールを行い、

午後からは、弊社男性会員さんが入校している「結婚の学校」男子校 本校サポートでした。

 

 

女子校のほうは、自分の内なる声を聞きましょう。

というお話をさせていただきました。

心が「苦しいよー!もう限界だよー!助けてよー!」

と叫んでいるのに、それでもつい周りを優先して、

自分の心の声を聞かなくなってしまうこと、

よくあるんですよね。

その結果、心が壊れてしまう・・・。

心が壊れてしまうと、自分の心を守るために、

周りに攻撃を始めてしまい、ますます周りとの人間関係が、苦しくなる。

 

 

 

 

そうなってしまう前に、自分の心の声を聞く。

周りよりも、まずは自分に優しくしてあげる。

ありのままの貴女はきっと、もっと元気で活発で、素直で可愛いい女性。

そんな自分を大切にしてあげれば、そんなあなたを大切にしてくれる男性が現れる。

あせらず、少しずつ一緒に、本来の自分の心を取り戻していきましょう。

 

 

 

そして午後からの男子校は、今回で2回目。

1回目の終了後より課題が2つ出されていますが、

皆さん、すごく精力的に頑張ったようです。

1回目より顔に自信が出てきて、表情が違いました。

そして・・・なんと、1回目の講義だけで、彼女が出来た!!方がいらっしゃいました。

すごーい!!!早い成果ですね。

 

 

 

弊社の会員さんは、ついついネガティブな考え方や、発言をする長年のくせがあり、

1回目の講義の時に、ご自分で気がつかれて「変わりたい。」と言っていました。

そうはいっても40年もその生き方・考え方で過ごしてきたので、

なかなかすぐには変わりません。

実際、わたしも婚活のサポートの中で、何度も形を変えていろんな提案をさせていただいたのですが、

他の方はそれですぐに変わられて、成婚していかれる中、

彼は頑固でなかなか変わることができませんでした。

ご自身もわかっているけれど、どうしていいのかわからなかったのでしょう。

 

 

 

今回の課題の中に、『両親への感謝』を手紙で書き、直接伝える。

というものがありました。

彼はご両親ととても仲が良く、特にお母さんは明るく、楽しい方だと

おっしゃっていました。

今回の宿題で改まって、手紙を書き、感謝を伝えたら、

お母さまが涙を流されたそうです。

 

 

その涙を見て、彼は、

早く親孝行がしたい!

早くお嫁さんを連れてきたい。

親を安心させてたい。

家族を作りたい。

と心から思われたのではないかと思います。

いつもどこか緊張して、頑固に心をブロックしていた彼の表情が、

少しずつ柔らかくなってきたのを感じました。

 

「結婚の学校」は、恋愛や婚活のテクニックだけでありません。

皆さんの心を素直に開放して、本来の自分に出会う場所作り。

 

 

本来の自分のままで、素直になれば、自分に合う人が訪れる。

その人が現れたときに、少しだけ、女性に嫌われない考え方や、

テクニックもお伝えしています。

これを知っているのと知らないでは、この先の人生が変わります。

例え、結婚ができても、その後、幸せなパトーナーシップが続かなかったら、

意味がないですからね。

 

「結婚の学校」はただのテクニックだけではなく、

人生をより良く変えていく、深い内容となっています。

 

婚活が上手くいかない。

いつも恋愛がうまくいかない。

理由が知りたい。

ぜひ体験会にお越しくださいね。

6/3 本当のあなたらしさを大切にし、理想の人と出会う。「結婚の学校」女子校 体験スクール
男子校も対応しています。

男子校お問い合わせ

婚活のご相談は無料です。お気軽にご相談くださいね。
こちらからどうぞ。

婚活・結婚のご相談はお気軽にお問い合わせください。(無料)

お問い合わせ

 

みどりん

090-4269-9201

ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所

コンシャス・ジャパン

ご相談はこちらから 無料個別相談のお申し込みはコチラから

受付時間 9:00 - 21:00 (年中無休)※電話でのお問い合わせの場合、出られない場合もございます。

ページ上部へ戻る