「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

CONSCIOUS JAPAN

「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

ハッピーライフ

持ち過ぎていることに気付いてみよう。

  • 投稿日:2015年04月15日

今月末に引っ越すことが決まり、毎日少しずつ準備をしています。

引っ越し経験があまりないため、引越し準備って大変というイメージしかありませんでした。

いろんなことがめんどくさくて憂鬱なイメージ・・・。

そんなときお片付けのプロの友人に電話で相談したところ、こんな言葉を言ってくれました。

 

「持っていきたいものを先に決めるといいよ」

 

その言葉にひらめきました。

何を捨てるのかばかり考えていたので、難しく感じていたけれど、

引っ越した先の暮らし方やこれからの生き方などを自分に問いかけてみました。

そして出た答えは「2割だけ持って行こう!」

 

NHKの古いTVドラマ『大草原の小さな家』に憧れていたので、

小さなお家に住むことに抵抗はなく、むしろ憧れでもあり、

引っ越し先は現在の住まいよりも、さらに小さいところを選びました。

先々は海外で数カ月暮らしてみたり、常宿のある長野県やいろんなところに自由に暮らしてみたい、

そんな生活が出来るよう、出来るだけ身軽にしておくチャンスでもあります。

 

そして引っ越し先に持っていきたいものだけを選んだら、実際2割くらいだったのです。

普段そのくらいしか使っていないのかもしれませんね。

 

いまの住まいは収納場所がわりと多かったので、知らない間に物が増えていました。

特に洋服は収納場所が足りないから、大きなウォーキングクローゼットが欲しい!と

ずっと思っていました。

だけど持っていきたい服だけを厳選してみたら、8割のものを捨てることになり、

気付いたらタンスの中がスカスカになり驚きました。

洋服が入り切らず買い足した収納ボックスにも入れるものなく、空っぽです。

捨てるほどものがあるのに、さらにものを買い、収納場所が足りない!と思っていたのです。

いつも現状に満たされていなかった自分に気が付きました。

現状を見直せば充分だったのです。

これは8割捨てた洋服です。

IMG_3503

 

人は洋服や家財だけでなく、愛情や食べ物、いろんなものに対して

ムダに気がついていないかもしれません。

そしていつもなにか満たされない気がしている。

 

『引っ越しはデトックス』

 

断捨離名人の友人の言葉です。

皆さんも、衣替えのシーズンだし思いきって荷物のデトックスしてみませんか?

もしかしたら心も生き方も思考もシンブルに軽やかになって、

新しい運気が入ってるチャンスになるかもしれませんよ。

 

みどりん

ご相談はこちらから 無料個別相談のお申し込みはコチラから

受付時間 9:00 - 21:00 (年中無休)※電話でのお問い合わせの場合、出られない場合もございます。

ページ上部へ戻る