「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

CONSCIOUS JAPAN

「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

婚活サポート

独身貴族の平均寿命は既婚者より短い。

  • 投稿日:2016年04月19日

知っていますか?

 

『独身者の平均寿命は既婚者より10年以上短い』という調査結果があるようです。

 

古くは1858年のヨーロッパで行われた調査で、イギリス人学者が発表したものによると、

独身者のほうが既婚者よりも圧倒的に「病死」する割合が高かったそうです。

それに比べ既婚者のほうは健康状態が良く、平均寿命が長いそうです。

 

その他にもアメリカのルイスビル大学で約5億人のデータ分析を行った結果、

同様に「独身者のほうが早く死ぬ確率が高い」ということが判明しました。

研究にあたったルイスビル大学の教授は、

結婚していたほうが、家庭や社会からサポートを受けやすい」

ことが要因ではないかとコメントしています。

 

 

では具体的に既婚者と独身者の生活では、どのような違いがあるのでしょうか?

 

考えられるものをあげてみました。

 

1.規則正しい生活

 

独身者は自分の都合だけで行動できるので、好きな時間に食事をしたり、

夜更かしをしたりと、だらしない生活が許されます。

家族がいると、規則正しい生活を送らざるを得なくなりますね。

 

 

2.食事

 

独身者は外食やコンビニなどて済ませてしまうことが多い。

既婚者は家族のために栄養バランスを考えた手作りの食事をとることが

多いと考えられます。

 

 

 

なにより家族で食卓を囲む楽しさはかけがえのないものです。

愛情のある手作りの食事をみんなで食べる。

同じものを食べても、孤食は味気ないですよね。

 

3.健康

 

先日、渡辺謙さんがガンの治療をされましたが、

奥さんの南果歩さんが病院で検査することを勧めたそうです。

家族の勧めで受診して大きな病気を発見したケースは身近でも多いです。

自分のことを真剣に心配していくれる家族がいるって幸せなことですね。

 

それ以外にも心筋梗塞などで突然倒れることもあるかもしれません。

その時、早期に発見されれば助かるかも知れまないけれど、

独身者は孤独死というリスクが考えられます。

 

健康といっても体だけではありません。

『心』の病は現代病ではとても大きいもの。

特に日本の自殺率は毎年増え続けています。

 

仕事でつらいことがあっても、家族が支えになってくれる、

誰かが自分のことを思っていてくれる、

家に帰れば話し相手がいる、子供の笑顔に癒される、

愛情に包まれた生活がどれほど『心』の健康に大きな影響を与えているか、

わかりますよね。

 

 

4.経済面

 

一人暮らしは家賃、食費すべてにおいてコスパが悪い。

二人で働いて、世帯年収をあげれば一人暮らしより貯蓄が出来ます。

子供が産まれたら確かに家計は大変で、自分にかけているお金が減ってしまいますが、

いつか子供に助けてもらえるという安心もできますよね。

 

 

 

独身生活は気楽でいいけれど、人生にはいろんなことが起こります。

結婚で制約やストレスが発生することはもちろんだけど、

それと引き換えに人生のリスクを救ってくれるかけがえのない存在になるでしょう。

 

 

『結婚』という人生の選択に一歩踏み出してみませんか?

 

 

 

 

 

婚活・結婚のご相談はお気軽にお問い合わせください。

無料相談も行っています。

お問い合わせ

IMG_8425

みどりん

090-4269-9201

ご相談はこちらから 無料個別相談のお申し込みはコチラから

受付時間 9:00 - 21:00 (年中無休)※電話でのお問い合わせの場合、出られない場合もございます。

ページ上部へ戻る

LINE@はじめました

無料個別相談はこちら052-887-4725