「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

CONSCIOUS JAPAN

「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

ビジネス

神田うのさんのベビーシッター盗難事件に思うこと。

  • 投稿日:2015年06月02日

美人でスタイルが良くて、資産家。

さらにモデルやタレント業の以外にも自らストッキングやウエディングドレス、ジュエリーなどを

プロデュースし、成功している事業家でもある神田うのさん。

 

 

 

2007年に年商1671億円の会社社長と結婚し、2011年にお子さんが産まれました。

とにかく女性としてうらやましい限りです。

 

 

 

賛否はあると思いますが、しっかりと意見を言い自分を持っているうのさんは好きです。

なによりあの容姿には憧れますし、実業家としても成功しているところも尊敬します。

 

そんなうのさんに関して、昨日残念なニュースを聞きました。

 

『うのさんが信頼していたベビーシッターさんがうのさんの自宅のバックや金品を盗んでいた。

 被害金額は3,000万円相当』

 

このニュースに関して、こんな批判が予想されます。

 

・子供を他人に預けて働くこと。

・他人を家に入れること。

 

とても残念です・・・。

 

せっかくアベノミクスの三本の矢とかで、国を挙げて「女性の活用」を推進している風潮のなか、

女性の管理職や議員など、女性が働ける環境が徐々に整ってきています。

しかし女性には人生のライフステージとして、結婚や出産があり働き方に影響が出てくることが

少なくありません。

結婚は男性にもありますが、男性は結婚により働き方に制限が出てくることはほとんどない、

むしろプラスになるでしょう。

そのため最近の女性はキャリアアップを優先し、晩婚になってしまうことが多いように思います。

 

たまに香港に旅行に出かけますが、日曜日の公園やバスターミナルの中にものすごい大勢の女性が集まって

座ってお菓子を食べながら、おしゃべりしています。

香港の友人に教えてもらいましたが、彼女達はみんな”お手伝いさん“だそうです。

共働きが当たり前の香港ではほとんどの家庭にもお手伝いさんが住み込みでいて、

日曜日はお休みだから外でお手伝いさん仲間同士集っているそうです。

 

わたしの義姉はフィリピン人なのですが、彼女はいつもこう言っています。

「フィリピンでは年収が低いお家でも普通にお手伝いさんがいる。

 それなのに日本の女性は、働きながら家事や子育てをして、さらに介護までも

 全部やらなくちゃいけないから大変すぎる。なぜお手伝いさんを雇わないのかしら?」

 

それを聞いて驚きました。

当たり前のように思っていたことが、他国からみたら、当たり前ではなかったのです。

もちろん義姉は私のだんなさんの実家で、田舎なのでお手伝いさんなんて雇う風習なんて

ありません。しかも田舎では嫁がなんでもやるのは当然で、都会暮らしのわたしからみると

嫁は家政婦のように思われているように感じます。

 

本題に戻ると21世紀は20世紀のように男性ががむしゃらに働いて、嫁は専業主婦として子育てしながら家庭を守り、

ひたすら男性が働きやすい環境を作る。そんな環境ではなくなりました。

男性はがむしゃらに働いても家族を養えるのに十分な年収が保障されている時代ではありません。

労働人口が減少していく一方の日本では、高齢者も女性も労働力として必要とされています。

しかし女性には出産のライフステージがあり、その後は子育てがあります。

もはや、家事や子育てが女性の仕事と位置付けることが不自然だといえます。

これは男女のどちらかやれるほうがやればいい。そんな風に男女とも意識を変えてい必要があります。

 

そして共働きで家計を支え、キャリア構築していくうえで、日本にもお手伝いさんやベビーシッターさんを

受けれる風習が根付いていかなくてはいけないと考えます。

 

最近では住み込みではなく、時間で家事サービスを利用できる会社が増えているように思いますが、

この事件でイメージダウンになり、普及しなくなることが残念でなりません。

そのためにこういうサービスを提供する会社は人の教育や管理を徹底していただき、

安心して気軽に利用できるといいですね。

今後の日本の労働人口の不足から考えると、外国人の方の雇用も必須ですから、なおさらです。

 

 

誰もが安心して子供を産み育てながら安心して、働くことができる。

日本がそんな国になることを望みます。

 

みどりん

ご相談はこちらから 無料個別相談のお申し込みはコチラから

受付時間 9:00 - 21:00 (年中無休)※電話でのお問い合わせの場合、出られない場合もございます。

ページ上部へ戻る