「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

CONSCIOUS JAPAN

「ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所」
コンシャス・ジャパン

婚活サポート

自分の人生を生きる!~転んだっていいんじゃない。

  • 投稿日:2017年01月08日

ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所

コンシャス・ジャパン

マリッジコンサルタントの鳥山みどりです。

 

2017年に入り、まだ一週間ですが、

すでに2件の結婚報告がありました。

といっても会員さんではなく、身内です。

甥っ子と15年以上のお付き合いがある男友達。

 

事務所の近くにある有名洋菓子店 カフェタナカで

パッピーな報告を聞かせてもらいました。

 

j0061313a

 

新年早々、うれしいお話が続き、

この勢いで会員さんたちからの成婚報告も続くようにと願います。

 

さて、15年来のお友達のフィアンセである彼女が、

うれしいお話をしてくれました。

「わたし先日、ある女性の相談にのっていたとき、

 気がついたら、以前、鳥山さんに言われた同じ話を、

 その人に言っていたんです!」

自分で話しながら、びっくりしたことを、

目を輝かせながら話してくれました。

 

実はこのふたりは昨年、彼女の両親に結婚を反対されていると、

わたしのところへ相談に来られたのです。

彼女はとても厳格な家庭で育てられた正統派お嬢様。

多分、どんな男性が現れても結婚に反対するのでしょう。

 

その時、わたしが彼女に言った言葉は、

「あなたの人生はあなたのもの。自分の人生を生きなさい。」

でした。

 

今まで、両親が決めたレールの上で、両親の気に入るように、

生きてきたそうです。

それって彼女の人生のハンドルを親が握っているんですよね。

 

わたしの言葉で、今まで反抗したことがなかった彼女が、

初めて本気で両親とぶつかったそうです。

いまだに円満解決には、至っていないそうですが、

彼女は以前と全く違うさわやかな笑顔で、

「今、本当に自分の人生を生きているんです!」と話してくれました。

そして、気がつけば自分が相談を受けた女性にも、

同じようにアドバイスをしていたそうです。

 

両親が結婚を反対される気持ちもわかります。

大切な娘のことを愛するがゆえなのでしょう。

 

だけど・・・。

 

いまはとにかく時代が大きく変わっているんです。

親が生きてきた昭和とは全く違う時代が、

すごいスピードで進んでいる。

 

親の価値観を子供に押し付けるのは、

無理があり、正解とは言えない。

親の脳は昭和のOS、最新バージョンではないから、

仕方ないんですよね。

 

子供は親が考える以上に、自分で考えて生きていく力があります。

信頼してあげて欲しい。

たとえ失敗したってそこから、たくさんのことを学ぶでしょう。

 

わたし自身も小さいころ「転んだら危ない」と教えられてきました。

常に危険を回避する癖がついていて、

いまだにすごく疑り深くて慎重なところがあります。

確かにその慎重さは、役立っているときもありますが、

最近、いろんな経営者の方とお話をさせてもらうと、

成功されている方は、みなさん大きな失敗や挫折の経験を持っています。

その経験が成功につながっていくんですよね。

 

 

そして前回、もうひとつ彼女にアドバイスした言葉があります。

 

『親の言うことを聞くな。』

 

お2人の未来を応援しています!

 

お問い合わせ

《パーティ・イベントのお知らせ》

2017 1/28 土曜日 恋するバルコン 男性 4名 女性 4名 (男性満席・30代女性募集中)

2017 2/18 土曜日 婚活応援!ガチコン!  男性 5名 女性 5名 (どちらも募集中)

 

婚活・結婚のご相談はお気軽にお問い合わせください。(無料)

お問い合わせ

IMG_8425

みどりん

090-4269-9201

ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所

コンシャス・ジャパンM

ご相談はこちらから 無料個別相談のお申し込みはコチラから

受付時間 9:00 - 21:00 (年中無休)※電話でのお問い合わせの場合、出られない場合もございます。

ページ上部へ戻る