ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所

コンシャス・ジャパン

マリッジコンサルタントの鳥山みどりです。

 

先日、2016年婚活出口戦略というブログを書きました。
2016年婚活出口戦略~残り4か月の戦い方。

 

今度はもっと長いスパンで考えて、「人生の出口から考える俺の婚活の戦い方」

考えてみましょう。

 

男性 35歳 独身 婚活中。

 

 

 

半年間の婚活でめでたく結婚が決まり、

翌年 36歳で第一子が産まれました。

この子が大学を卒業した時、彼は59歳。

第二子がいればまだリタイアするには早いし、

今度は老後資金を蓄える必要があります。

最近は定年雇用延長で65歳に延びているし、

退職金をあてにすれば、なんとかギリギリ間に合いそうですよね。

 

こんなイメージで、あなたが現在35歳前なのか、後なのかで、

婚活をスタートさせる時期がハッキリします。

 

できるだけ早いほうがいいことは、明らかです。

 

いや~これ見たら、なんだか大変そうだし、非正規だし、

もう一生独身でいいです!

というアナタ。

 

それも、安心できませんよ。

 

今は親が元気だけど、親の介護が必要となったとき、

介護離職の可能性も出てくるし、

それが終われば、自分の老後を見てくれる人がいないため、

老後資金を十分に貯めておかないと不安です。

それに未婚男性は既婚男性に比べると、死亡率が2.2倍高いという

事実もあります。

 

 

 

老後に孤独死が待っているのか、

子供や孫に囲まれて楽しく暮らしているのか、

人生の出口をイメージしてみましょう。

 

確かに今の時代は雇用も不安定だし、経済的な不安多いけれど、

“男性だけが稼いで家計を支える時代”は終わっているのです。

パートナーと一緒に働いて子育てや家事をしていけば、

非正規同志でも普通に暮らしていけます。

 

豊かな人生設計をあきらめるのか、

チャレンジするか、たった一度の人生どちらが良いですか?

 

“お金に強いマリッジコンサルタント”の鳥山みどりに、

ご相談くださいね(^_-)-☆

お問い合わせ

 

 

婚活・結婚のご相談はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

IMG_8425

みどりん

090-4269-9201

ひとりひとりの心に寄り添う結婚相談所

コンシャス・ジャパンMとは